1. トップ
  2. 教育事例
  3. FLENS/リアルタイム対戦型授業を福岡、熊本、千葉、奈良、京都の学習塾が採用

2015年5月22日

FLENS/リアルタイム対戦型授業を福岡、熊本、千葉、奈良、京都の学習塾が採用

FLENSは21日、同社が提供するリアルタイム対戦型授業「FLENS特訓シリーズ(算数特訓)」を、福岡、熊本、千葉、奈良、京都の学習塾が採用したと発表した

「FLENS特訓シリーズ」は、タブレット端末とネットワークを活用して、学びの場をオープンにし他者とつなげ、学習へのやる気につなげるリアルタイム対戦型授業。今回、全教研、早稲田スクール、NEVER TOO LATE、KECゼミナール、創学社が導入した。

全教研は2月から小学生と中学生向けに導入。小学生には、「算数特訓講座」で、他の学習塾の生徒との競い合いを通じて学習に対する目標意識の向上を狙っている。中学生には、理科・社会、英語などFLENSのプラットフォームで、オリジナルテキストを活用した確認テスト、定期試験対策をタブレット端末で実施する。

早稲田スクールは3月から導入。全教室の小学生を対象にFLENS特訓シリーズを導入した。私立中学受験クラス、県立中学受験クラス、公立中学進学クラスの生徒が「算数特訓講座」を受講。他の学習塾の生徒との競い合いを通じて基礎学力の定着を図る。

NEVER TOO LATは3月から導入。小中学生を対象にFLENS特訓シリーズを導入。小学生が「算数特訓講座」を受講し、中学生が理社特訓講座を受講する。導入により、楽しく、自発的に生徒が勉強に取り組むことを狙っている。

KECゼミナールは4月から導入。KECエリアPlusの教室で導入。小学生が「算数特訓講座」を受講し、今秋リリース予定のiPad対応版で教室数を拡大していく予定。

創学社は4月から導入。小学生を対象にFLENS特訓シリーズを導入。算数特訓講座で非受験生の基礎力向上を目指し、中学生になる前に小学校内容での取りこぼしをなくしていく。

関連URL

FLENS

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録