1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 子ども向けスクラッチJrの入門書「わくわくスタートアップ」発売

2016年5月19日

子ども向けスクラッチJrの入門書「わくわくスタートアップ」発売

Laki Laki Kids Programmingは18日、スクラッチJrの入門書「ScratchJrではじめよう!プログラミングアドベンチャー わくわくスタートアップ」(Kindle版)の販売を開始した。

ScratchJrはMITメディアラボが開発した低年齢(5~7歳)の子ども向けプログラミングアプリ。iPad、Androidのタブレットで利用でき、おもちゃのようなプログラミングブロックを指でつなげるなどのシンプルな操作で、小さな子どもでも簡単にゲームやアニメーションをつくることができる。

本書では、スクラッチJr(ネコ)と一緒に冒険をしながら、親子でプログラミングを楽しく学ぶことができる。また、ScratchJrを初めて使う親子向けに必要な情報や、ブロックなどの機能一覧も掲載している。

発行者の「Laki Laki Kids Programming」は、2015年からScratchJrのワークショップを開催、ホームページなどで同アプリの情報提供を行っている。

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録