1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DISが佐賀市立若楠小学校の導入事例をWebで公開

2016年6月7日

DISが佐賀市立若楠小学校の導入事例をWebで公開

ダイワボウ情報システム(DIS)は6日、佐賀市立若楠小学校の導入事例「協働学習を豊かにするICT活用とその効果」と「5年間のICT活用。挑戦から見えたものとは」をWebに公開した。

ICTとは縁がなかった佐賀市立若楠小学校。しかし2011年に、タブレット、電子黒板、無線LANなどのICT環境が一気に整備されたのを機に、本格的なICT活用をスタート。

佐賀県佐賀市立若楠小学校 音成 隆校長(左)と内田 明教諭

佐賀県佐賀市立若楠小学校 音成 隆校長(左)と内田 明教諭

児童の思考力・表現力・判断力を伸ばすツールとしてICTを活用するとともに、同校が積極的に取り組んだのが協働学習。ICTのメリットを活かした協働学習とはどのようなものか。その効果はなにか。若楠小学校の取り組みについて、同校の音成 隆校長と内田 明教諭に話を聞いた。

ICTを活用した協働学習の効果について、「協働学習はICTがなくてもできる。しかし、ICTがあることで、より多様な学びを実現することができる」と音成校長は語る。さらに、「ICTの活用が直接的に影響しているわけではないが、結果としてICTを活用した協働学習では児童の話し合いを活性化させ、互いに協力することが増えている」と音成校長。要因としては、ICTを使うことで自由に試行錯誤できる環境が、児童のコミュニケーションを豊かにしているからだと説明する。

協働学習を豊かにするICT活用とその効果_佐賀市立若楠小学校【前編】

5年間のICT活用。挑戦から見えたものとは_佐賀市立若楠小学校【後編】 

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ