1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 玉井式、ICT教材のパイロットプロジェクトをインドで実施

2016年10月17日

玉井式、ICT教材のパイロットプロジェクトをインドで実施

タマイインベストメントエデュケーションズは、学習プログラム「玉井式 図形の極」と「玉井式 Eeそろばん」のパイロットプロジェクトを、インドのチェンナイにある私立学校GTA Vidhya Mandirで12日から開始した。

玉井式 図形の極 授業風景

玉井式 図形の極 授業風景

玉井式は、ICTを活用した、全国の学習塾で利用されている映像とテキストのICT教育メソッドで、約1万人の生徒が学習しているという。

パイロットプロジェクトは、教材の正式な導入を前提に、実験的に導入予定の教材を使って授業を実施し、その学習効果を測定するもの。インドではパイロットプロジェクト後に教材を正式導入する流れが一般的だという。今回の実施期間は12日から3ヵ月間で、対象は小学5年生(「玉井式 Eeそろばん」)と小学6年生(「玉井式 図形の極」)。この2つの教材は、2017年4月から正式導入される予定。

「玉井式 図形の極」は、生徒が自分で説明映像を見て問題を解く、図形問題に特化した自学自習形のICT学習教材。日本の学習塾や私立小学校で導入されているほか、シンガポールやタイ、ベトナムなど海外からも注目を集め、2014年にインド政府立の小中高一貫校であるKVS(Kendriya Vidyalaya Sangathan)で、パイロットプロジェクトを実施している。

「玉井式 Eeそろばん」は、映像を見て生徒自身でそろばんの学習を進められる教材で、2016年に発売され、日本の学習塾や幼稚園、学童保育での導入が始まっているという。

関連URL

玉井式

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21