1. トップ
  2. ツール・教材
  3. MetaMoJi/リアルタイム授業支援アプリが6月からMDMに対応

2015年5月20日

MetaMoJi/リアルタイム授業支援アプリが6月からMDMに対応

MetaMoJiは19日、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi Share for ClassRoom」が、携帯端末を管理するMDM(Mobile Device Management)ツールに対応すると発表した。

「MetaMoJi Share for ClassRoom」は、書くことを大切にしたリアルタイム授業支援アプリ。MDMに対応したバージョンアップ(機能拡張)の提供開始を、2015年6月に予定している。

iOS7から追加された機能「Managed App Configuration」に対応。これにより、管理者がアプリケーションの各種設定値を複数の端末に一括設定することができるようになる。使用者に意識させたくない、また、利用させない項目を設定したり、アプリの動作を制御することが可能。

「MetaMoJi Share for ClassRoom」は、「MobiConnect for Education」などのMDMツールと合わせて利用することで、タブレットを安全かつ効率的に活用した授業の展開を促進するという。

MetaMoJiでは、企業向け会議アプリケーション「MetaMoJi Share for Business」についても、MDM対応を行っていく予定だという。

関連URL

MetaMoJi Share for ClassRoom
MobiConnect for Education
MetaMoJi

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス