1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レアジョブ/レッスン受けると寄付が出来るプロジェクトを開始

2015年10月19日

レアジョブ/レッスン受けると寄付が出来るプロジェクトを開始

レアジョブは16日、レアジョブ英会話にてレッスンを受けると寄付が出来る「Lesson Relay」プロジェクトを開始した。

sub1

寄付の仕組み

期間中、ユーザーがレアジョブ英会話のレッスンを1回受けるたびに、1円を寄付する。寄付先は、フィリピンの大学通学支援に実績のある団体PARASAIYOが支援する現地NPO。

レアジョブではグループビジョン「Chances for everyone, everywhere.」のもと、世界中の人々に活躍する機会を届けたいという思いから、2007年の創業以来、フィリピン人講師を採用したオンライン英会話サービスを通じ、40万人の日本のユーザーへ、累計1500万回以上の英会話“レッスン”を提供しきた。

一方、フィリピンにおける大学への進学率は34%と言われており、多くの子どもたちにとって教育の機会が十分でないという現状がある。

この度、レアジョブの創業8周年を機に、フィリピンの学生へ“レッスン”(大学の授業)の機会を届けたいという思いから、「Lesson Relay」プロジェクトを開始。レアジョブ英会話でレッスン1回を受けるごとにユーザーの受講料から「1円」を、さらに同額をレアジョブからも寄付し、フィリピンの学生が教育を受ける機会を支援する。

プロジェクト概要

プロジェクト名:「Lesson Relay」
実施期間:2015年10月16日(金)~2015年11月15日(日)
対象:無料会員および有料会員で期間中にレッスンを受講した人
詳細

関連URL

レアジョブ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス