1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ETS、TOEFL受験者のためのMOOCコースを9月から再配信開始

2016年7月29日

ETS、TOEFL受験者のためのMOOCコースを9月から再配信開始

TOEFLテスト作成団体であるEducational Testing Service(ETS)は27日、TOEFLの準備コース「TOEFL Test Preparation: The Insider’s Guide」を大規模公開オンライン講座(MOOC)で9月7日から再び配信すると発表した。

この決定は、6月から提供開始した全6回シリーズの同コースが、好評だったことを受けたもの。コースへの受講申し込みは7月25日から受付中。初回のコース提供時には日本を含め世界中から高い関心が寄せられ、200カ国以上から約20万人の受講者が参加したという。

TOEFLテストの開発者たちにより設計された6週間のコース「TOEFL Test Preparation: The Insider’s Guide」は、講義、ビデオ、過去のテスト設問・模範回答の説明を含む組み合わせで構成されている。スピーキングとライティングの講義では、受講者からの一部の回答をとりあげ、評価とフィードバックを行う。また、オンライン上で、世界中のクラスメートと知り合いになったり、情報を共有したりすることもできる。

コースは、1週間ごとにテストの様々な側面に焦点を当てた内容になっており、第1週は、導入として一般概論について講座を行い、次に 試験で問われる4つのスキル、すなわちリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングにそれぞれ1週間をかけて取り組む。そして、6週目はその他の役立つヒントや試験日の情報などで締めくくられる。(コースは英語で提供される)

コース受講に要する時間は、週に2時間程度。コースは無料だが、希望者には有料の個人認証付修了証取得を発行する。

コースは、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学によって創立された非営利のオンライン学習プラットフォーム、エデックスで提供される。

受講申し込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス