1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 通常の4倍で英語習得、ビジネス用教材「ビジネスカラン」リリース

2016年12月14日

通常の4倍で英語習得、ビジネス用教材「ビジネスカラン」リリース

オンライン英会話サービスの「ネイティブキャンプ英会話」は、通常の4倍で英語が習得できるカランメソッドのビジネス用教材「ビジネスカラン」を、パソコン用とアプリ(iPhone、iPad)用で同時リリースしたことを発表した。androidアプリは12月中旬リリース予定。

d12419-42-123865-0カランメソッドとは、通常の1/4の時間で英語が習得できる学習法。一般的に、学生がケンブリッジ英語検定試験レベルになるまでには、通常350時間が必要とされているが、カランメソッドで必要とされる時間は80時間ほどと言われている。

講師からの質問が多いのが特徴で、質問を通じて、単語や表現、文法を学べる。質問が終わるとすぐに次の質問が始まる。

実際の英語圏の社会では早く話すことが多く、そのスピードに慣れるため講師は早口で話す。そのためレッスンでは、同じ質問を二回読む。一度目に聞き取れなかった場合、もう一度聞くことができる。

通常、母国語で知らない言葉を知った場合、その言葉を数回読んだり、聞いたりすると覚えて使えるようになるが、外国語では、言葉や文法構造などを理解するため、何度も聞いたり、見たりしなければならない。そのためには学習した内容の繰り返しが必要。正しい文章を何度も繰り返すことによって、新しい英語を少しずつ覚えることができるという。

英語レベル別に12段階のステージがあり、はじめにレベルチェックを受講し、テスト結果のレベルからの開始となる。「ビジネスカラン」は経済、会計、マーケティング、人事などビジネスに特化した内容で、8段階まで完了している中上級レベルの人が対象。

関連URL

ネイティブキャンプ英会話

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス