1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 親子でお金の仕組みを学べる金融教育アプリ「ハロまね」

2017年2月16日

親子でお金の仕組みを学べる金融教育アプリ「ハロまね」

三井住友カードは15日、CSR活動の一環として、小学生向けの金融教育アプリ「ハロまね~親子で学ぶ、こどものお金管理~」をリリースした。

d24147-1-430526-0「ハロまね」は小学校中学年から高学年をメインターゲットとした金融教育アプリ。「お小遣い帳機能」、「銀行機能」、「お手伝い機能」の3つの機能を持ち、親と一緒にお金の管理、仕組みについて学べる。

現代社会では金融との関わりを持つことは避けられず、「生活スキル」として金融知識の習得が重要とされているが、現在、日本ではお金の使い方に関する十分な教育環境がないという背景を受け、子供の頃から親と一緒にお金に触れ、考えることで、将来必要となる収支管理を早期に身に付けることを目的にしているという。

同アプリは、全国の小中学校等で幅広くマネー教育を行っているイー・カンパニーが運営する「キッズ・マネー・ステーション」の協力のもと、外貨預金や金利の設定など、より高度にお金の勉強ができる機能を追加するとともに、子供だけでなく、親子がコミュニケーションを取りながら一緒に学べる要素も盛り込んでいる。

関連URL

こども向けおこづかい帳アプリ「ハロまね ~親子で学ぶ、こどものお金管理~」

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス