1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LGWAN向けESETウイルス定義データベース配信サービス提供開始

2017年4月5日

LGWAN向けESETウイルス定義データベース配信サービス提供開始

キヤノンITソリューションズは3日、ESETの官公庁向けライセンス利用者を対象に、総合行政ネットワーク(LGWAN)用のESET 定義データベース配信サービスを提供開始した。

LGWAN上でESET Endpoint Protectionシリーズの官公庁向けライセンスを利用しているユーザーに対して、無償でESETのウイルス定義データベースを配信するサービスを提供するもの。

これにより、20年以上の歴史を持ち、第三者機関から高い評価を受ける新種・亜種のマルウェア検出機能を搭載したESETを、LGWANに接続するPCやサーバーでも利用することができるという。

総合行政ネットワーク(Local Government Wide Area Network:「LGWAN」)は、地方公共団体の組織内ネットワークを相互に接続し、地方公共団体間のコミュニケーションの円滑化、情報の共有による情報の高度利用を図ることを目的とする、高度なセキュリティを維持した行政専用のネットワーク。このネットワークはインターネットから分離しているため、ウイルス対策ソフトの定義データベースを、インターネット経由で自動的に更新することができない。

サービス利用料は無償。
対象製品は下記ライセンス。
ESET Endpoint Protection Advanced 官公庁向けライセンス
ESET Endpoint Protection Standard 官公庁向けライセンス

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス