1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ICT教育推進の「Cacooエデュケーション」導入校が1000校突破

2017年8月10日

ICT教育推進の「Cacooエデュケーション」導入校が1000校突破

ヌーラボは9日、ビジュアルコラボレーションツール「Cacoo(カクー)」を教育機関向けに無償提供するサービス「Cacooエデュケーション」の導入校が、全世界で1000校を突破したと発表した。

Cacoo エディタイメージ

Cacoo エディタイメージ

「Cacooエデュケーション」は教育機関におけるICT活用を目的として、2015年にスタート。オンラインでの容易な作図や、図の共有、共同編集といった特徴で、全世界の学生・教育者、教育機関へサービスを無償提供している。

「Cacooエデュケーション」は、企業向けに提供している「チームプラン」の機能を教育現場に無償で提供する内容で、Cacooが持つ利便性を、世界中の全ての子ども・学生の教育に活かしてもらうために作られた。

学生のラーニングツールとして授業やレポート課題などにCacooを導入することで、アイディアを表現し他者と共有する楽しさや達成感、技術や知識を学習する意欲などを養い、視覚学習による効率的な知能習得も図ることができるという。

具体的には、複数人数が同時に編集できる機能を利用して、教室の生徒全員で一つのマインドマップを描くといった、共同作業への利用や、論文に挿入する図表を作画するためのツールとしての利用、姉妹校どうしの授業内容をビジュアルで共有する基盤としての利用が挙げられる。

日本発の「Cacooエデュケーション」は8月現在、67カ国の教育現場で導入。そのうち日本での利用は13.2%(160校/2位)で、最も使われているのはアメリカの23.9%(290校/1位)。以下、台湾、スペイン、フランス、コロンビア、メキシコなどが続く。

「Cacoo」は、2009年のベータ版リリース以降、全世界260万人(海外ユーザー比率86%)を超えるユーザーに利用されているという。

関連URL

Cacooエデュケーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス