1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. カシオ、立体図形を簡単に描画・解析できるカラーグラフ関数電卓

2017年9月27日

カシオ、立体図形を簡単に描画・解析できるカラーグラフ関数電卓

カシオ計算機は26日、カラーグラフ関数電卓の新製品として、立体図形への理解を深めるのに役立つ3Dグラフ機能を搭載した「fx-CG50」を、10月20日に発売すると発表した。

fx-CG50(回転体の描画例)

fx-CG50(回転体の描画例)

同社は、さまざまな関数式をグラフ化できる世界初のグラフ関数電卓「fx-7000G」を1985年に、画像に重ねてグラフを描ける機能を搭載したカラーグラフ関数電卓「fx-CG20」を2010年に発売するなど、先進的な関数電卓の開発を行っている。

今回発売する「fx-CG50」は、従来の2Dグラフに加えて、3Dグラフの描画・解析もできるカラーグラフ関数電卓。3Dグラフが簡単に描けるよう、「テンプレートによる描画」と「回転体グラフ描画」機能を業界で初めて搭載。描いた3Dグラフはさまざまな方法で解析できる。

「fx-CG50」の3Dグラフの描画機能は、円錐・円柱・球体・平面・直線を描くための内蔵テンプレートを使って3Dグラフを簡単に描くことができ、3Dグラフ式の入力に基づく描画もできる。

また、2Dグラフ式に基づいて、X軸・Y軸まわりの回転体を描くこともできる。3Dグラフは、同一画面に3つまで同時に描画可能で、各グラフを見やすく色分けできる。

また、3Dグラフの解析機能は、立体図形への理解促進に役立つ機能。描いた立体は上下左右に回転可能で、立体表面の座標も確認できる。さらに、立体を平面切断した際の断面も可視化でき、2つの直線間または平面間の位置関係や、直線と平面間の位置関係も調べることができる。

関連URL

カシオ計算機

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス