1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Telexistence、大学発ベンチャー表彰2018でアーリーエッジ賞受賞

2018年8月13日

Telexistence、大学発ベンチャー表彰2018でアーリーエッジ賞受賞

Telexistenceは10日、科学技術振興機構と新エネルギー・産業技術総合開発機構が主催する「大学発ベンチャー表彰2018 ~Award for Academic Startups~」において、アーリーエッジ賞を受賞したことを発表した。

d27631-5-881049-0アーリーエッジ賞は、経営者が40歳未満かつ設立3年以内の企業のうち、今後の大きな活躍が期待できる大学発ベンチャーとその支援者を対象として顕彰している。今回の受賞は、支援大学である東京大学、慶應義塾大学、および支援企業のKDDIとの共同受賞となる。

テレイグジスタンスとは、遠隔のロボットを自分の分身として利用し、人間を時空の制約から解放しようとする概念。遠隔に置かれたロボットのセンサー情報をオペレーターが受けながら、ロボットを制御することにより、遠隔におけるタスクを実行するマスター・スレーブ型のロボットシステムの発展形式で、人間型ロボットメカニズム、制御、視覚・聴覚・触覚のセンシング、人間の運動計測、人間への視覚・聴覚・触覚の提示、データ伝送など、ロボット工学、バーチャルリアリティ、通信、ヒューマンインタフェース、認知心理学などの多岐にわたる知識、技術、ノウハウがもととなっている。

表彰式は、東京ビッグサイトで開催のイノベーション・ジャパン2018において、30日14:30から行われる。同イベントの会期中は、受賞企業として展示ブースも会場内に設けられる。

関連URL

Telexistence

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス