1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. みまもりシリーズ、「緊急ボタン」と「いまここ」アプリを無料提供

2018年9月20日

みまもりシリーズ、「緊急ボタン」と「いまここ」アプリを無料提供

インタープロは、「みまもりシリーズ」で要望の多い機能に特化した「緊急ボタン」と「いまここ」の2種類のアプリの無料提供を、19日から開始した。

0920-mm
「緊急ボタン」アプリは、素早く通報するために、受信者を事前登録し、少ない操作でGoogleURLを含めた定形文を自動作成して、メールやラインで通報する。

利用シーン例は、災害時では「停電で固定電話が使えない」、「現在位置を知らせたい」場合など、遭難時は「雪山で早く遭難を伝えたい」、「複数の人に同時に通報したい」場合など。

また、子どもが「危険になった事を伝えたい」、「LINEで受信したい」場合や、高齢者が 「体調不良を伝えたい」、「簡単に通報させたい」場合などにも、素早く簡単に利用できる。

一方、アイコンデザインを変更したバージョンで、友だちや家族、職場で自分の位置を共有するコミュニケーションツールとして使える「いまここ」も同時リリース。目的によって、「緊急ボタン」と使い分けられる。

「いまここ」は、友だち同士で現在位置の確認をしたい、家族が外出先ではぐれてしまった、子どもに所在を送らせたい、仕事現場に入った事を知りたい(安否確認も)、場合などに利用できる。

同社は、2015年に「みまもりステーション」、2018年2月に「新型みまもりステーション」、 2018年7月には「みまもりLite」、そして今回「緊急ボタン」と「いまここ」を発表。また、近日中に「みまもりホン2」も追加する予定。

関連URL

みまもりシリーズ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス