1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. GAUSSとサイトビジット、「宅建士試験出題予測AI」を共同開発

2018年10月9日

GAUSSとサイトビジット、「宅建士試験出題予測AI」を共同開発

GAUSSはサイトビジットと提携して、AIによる試験問題予測サービス「未来問」を共同開発し、サイトビジットが運営する「資格スクエア」利用者と一般利用者に、9日から無料提供する。

d27358-14-221571-0

21日に予定されている「平成30年度宅地建物取引士試験」に合わせた取組みで、サイトビジットがこれまで蓄積してきた宅建士試験の分析ノウハウと、GAUSSの最先端AI技術を活用することで、実際の宅建士試験に近い予測問題を体験できるという。

GAUSSは、サイトビジットが独自に93個のカテゴリーに分類した宅建士の過去問データを用いて、LSTM(Long short-term memory)モデルの開発を行い、カテゴリー的中率70%のAI予測エンジン開発に成功。

また、予測したカテゴリーと同じカテゴリーの問題を、予め蓄積した宅建士の問題データからランダムにピックアップし、予測問題を構成する。今後、さらなるチューニングや汎化を行い、さまざまな試験の予測に展開する方針。

過去の傾向から、宅建士は出題される50問のうち35問正解が合格点とされている。すなわち、出題されたうちの70%を正解すると合格できるということになる。

これはAIによる出題予測的中率70%と同率。仮に、この的中率が実証された場合、「未来問」の利用者は実際に出題される試験とかなり近い問題を事前に体験することでき、試験合格率が向上する見込みだという。

関連URL

GAUSS

サイトビジット

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス