1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 仮想通貨を学べる子ども向けデバイス「ピグズビー」

2018年12月12日

仮想通貨を学べる子ども向けデバイス「ピグズビー」

プリモトイズ日本販売総代理店のキャンドルウィックは11日、仮想通貨Wollo (ウォロ) を実装する教育ツールであり、持ち運びできる「ブタのお財布」デバイスである「Pigzbe (ピグズビー)」が、Kickstarterでクラウドファンディングを開始して24時間で、当初の目標をはるかに超える6万USドルを達成したことを明らかにした。

d22752-21-596331-1「ピグズビー」は、電子マネーで小遣いを管理する教育デバイス。

6歳以上の子どもがお金を受け取り、貯金し、アプリ上で管理できる。親や親戚は、子どもに家の手伝いの対価として小遣いを与えることもできる。世界中のどこからでも安心安全に小遣いやお年玉をスマートフォンから直接送金でき、子どものお金を管理することができる。

子どもたちは、ピグズビーデバイスと付属アプリを使って自分で自分のお金を管理するようになっている。本当に欲しいもののために目標額を設定してお金を貯める機能もついており、実社会の支払にはVISAカードが利用できる。

「プリモトイズ キュベット」の生みの親であるフィリッポ・ヤコブとKano computerのデザイナーのジョン・マーシャルが率いる、Apple、Visa、Paypal、Google出身のチームが開発した。キャッシュレス化が進む世の中で、子どもたちの小遣いを教育的な機会に利用することを目的に生み出された。

関連URL

ピグズビー クラウドファンディング(英語サイト)

ピグズビー(英語サイト)

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス