1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習アプリのモノグサ、VC3社から総額約1億円の資金調達

2018年12月18日

学習アプリのモノグサ、VC3社から総額約1億円の資金調達

学習アプリ「Monoxer」を運営するモノグサは17日、VC3社から第3者割当増資で総額約1億円の資金調達を実施したと発表した。

d29973-3-380779-0資金提供したのは、UB Ventures、iSGSインベストメントワークス、ツネイシキャピタルパートナーズの3社。

同社は、この資金を元に、塾・予備校への導入、教材開発会社との提携、外国人労働者をはじめとした日本語学習領域への参入や、サービスの開発を行う方針。

また、今回の出資を受け、ツネイシキャピタルパートナーズの常石グループとは外国人労働者向けの日本語教育での活用などの協業を検討していく。

同社の「Monoxer」は、AIを活用した、知識習得・定着のためのスマートフォンアプリ。習得したい(習得させたい)情報を「Monoxer」に取り込むだけで、知識習得のための問題が自動生成される。また、利用者の学習状況から知識の定着度の計測を行い、問題の出題頻度や難易度を自動で調整する。

今年5月のサービス本格稼働以降、塾・予備校などの教育領域を中心に有償導入が進んでいる。今回の資金調達を機に、学習者・教育者双方の知識習得での障害をなくすべく、「Monoxer」のさらなる研究開発・普及に取り組んでいくという。

関連URL

モノグサ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス