1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アテイン、「オンラインで学べる日本語教材」を10カ国語に拡大

2019年1月9日

アテイン、「オンラインで学べる日本語教材」を10カ国語に拡大

アテインは8日、オンラインで学べる同社の日本語教材「日本語能力試験学習コース」の多言語化を一気に拡大し、10カ国語に対応できるようにすると発表した。

0109-atこれまでの英語、ベトナム語、中国語などに加え、外国人労働者の母国語が多いスペイン語字幕版、ポルトガル語字幕版のほか、タイ語、カンボジア語、ミャンマー語、モンゴル語の各版を制作。4月頃までにN5レベルからN3レベルを完成させる予定。

「日本語能力試験学習コース」(オンライン日本語)は、同社オリジナルの日本語学習教材で、世界中で受験されている日本語能力試験のレベルに合わせて制作されている。

日本語を勉強したい外国人を対象に、日本語学習の初心者から上級学習者までが利用できる教材で、日本語の「話す・聞く・読む・書く」を学習、練習できる。

日本語能力試験のレベルに沿って、学習コースが分けてあり、試験対策教材にもなる。現在、入門編・漢字編・N5・N4・N3・N2・N1を公開。

また、日本語学習見放題サイト「Attain Online Japanese」(アテイン・オンライン・ジャパニーズ)は「日本語能力試験学習コース」(入門編・ 漢字編・JLPT N1-JLPTN5)全コースが視聴見放題の日本語学習サイト。月々980円(税別)で、これら全ての講座を何度でも視聴できる。

関連URL

アテイン

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス