1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 漢検協会から、初の漢字学習アプリがリリース

2019年1月10日

漢検協会から、初の漢字学習アプリがリリース

日本漢字能力検定協会は、楽しく漢字を学習できるアプリ「いちまると旅しよう!しりもじ漢検」を16日に配信開始する。

0110-knkn同アプリは漢検10級~5級の漢字の学習ができるアプリ。主人公は子どもたちに人気の協会公式キャラクター「いちまる」。出題はすべて、小学生向け問題集“いちまるシリーズ”の『いちまるとはじめよう!わくわく漢検』を使用している。

ブレイヤーはいちまると一緒に漢字を学習しながら、いちまるの家族を探す旅に出る。分からない漢字が出てきても、いちまるがしりもじでヒントを出してくれるので、どんどん学習を進めることができる。また、日本各地の名所や名産が随所に登場し、各地域の文化を感じながら学ぶことができる。

さらに、問題を解くことでもらえる☆ (スター) やコインは新しいキャラクターや着せ替えツールと交換ができたり、自分で作成したいちまるのしりもじアニメーションをSNSでシェアしたりメッセージをしりもじで送ったりする機能もついていて、ただ漢字問題を解くだけでなく、楽しく継続して学習できるようになっているという。

関連URL

いちまると旅しよう!しりもじ漢検

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス