1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アフレル、ロボプログラミング教材で「算数・理科・総合」の授業指導案を発売

2019年3月22日

アフレル、ロボプログラミング教材で「算数・理科・総合」の授業指導案を発売

アフレルは、レゴWeDo2.0を使って「算数・理科・総合」の3教科が学べる小学校向けの授業指導案「動いてわかる プログラミングで学ぼう 授業指導案【算数・理科・総合】」を、22日に発売する。

0322-afr
この教材は、実際に小学校でプログラミング教育を導入している教師たちの意見を元に開発。初めてプログラミング教育を導入する人でも扱いやすく、さらに「児童の学びがより深まる授業」を実現する内容になっている。

小学校のプログラミング授業のA分類に準拠しており、レゴWeDo2.0を使って、算数・理科・総合それぞれ1単元分の授業を行う。

指導の留意点や評価項目、主要な課題に対するサンプルプログラムの回答例などを含むことで、授業への取り入れやすさを重視した内容になっており、算数・理科・総合の3教科を1冊にまとめて、各教科最大3時間で完結できる授業指導案。

学べる教科は、算数・6年生「比例と反比例」(授業時間1時間)、理科・6年生「発電と電気の利用」(授業時間2時間)、総合的な学習の時間・4、5、6年生「生活を便利にするプログラミング」(授業時間3時間)。

また同教材には、児童用ワークシートが付属されている(データでの納品)。書き込み式で気付いたことを児童が自分の言葉で記入したり、図が多く使用されているので児童がイメージしやすくなったりと、理解がより深まる内容。

データで納品するため、児童数にあわせて都度印刷ができ、モノクロ印刷でも活用できるデザインで大量印刷の場合も負担が最小限で済む。

標準価格6000円(税込6480円)で、小学校と全国の教育委員会を対象に販売。

関連URL

動いてわかる プログラミングで学ぼう 授業指導案【算数・理科・総合】

購入問合せ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス