1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 宇宙ステーション向けロボットを開発するGITAIがJAXAと共同研究

2019年3月26日

宇宙ステーション向けロボットを開発するGITAIがJAXAと共同研究

GITAIは25日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と共同研究契約を締結したことを明らかにした。

0326-gtiJAXAでは、地球低軌道を持続的な人類の経済活動の場とすることを目的に、ロボット技術の導入を積極的に推進しており、その一環として、国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟を技術実証プラットフォームとして活用することを検討している。

一方GITAIは、宇宙での作業コストを10分の1にすることを目標に、宇宙ステーション内の作業を宇宙飛行士の代わりに実施可能なロボットの実現を目指している。最新のGITAIロボットのプロトタイプ(6号機)では、宇宙ステーションの限定的なネットワーク環境を前提に、これまでのロボットでは困難だった汎用的な作業(スイッチ操作、工具操作、柔軟物操作、負荷の高い作業など)を1台のロボットで実施できる性能を実現している。

同社は、昨年12月25日~27日に、「きぼう」日本実験棟模擬フィールドにおいて、JAXA側から提供された宇宙飛行士の作業一覧をもとに、GITAIロボットによる宇宙飛行士の作業代替実験を実施し、72%の作業代替に成功したという。

GITAIとJAXAは、「きぼう」日本実験棟の作業を宇宙飛行士の代わりにロボット技術で代替することを目的として、適用可能性を評価するための共同研究契約を今年度末を期限として締結することにいたった。

関連URL

GITAI

作業代替実験の動画

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス