1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学校図書、富士ソフトの「みらいスクールプラットフォーム」を採用

2019年6月12日

学校図書、富士ソフトの「みらいスクールプラットフォーム」を採用

学校図書は11日、2020年度から小学校で使用される教科書に合わせて制作されるデジタル教科書・教材の共通基盤に、富士ソフトの「みらいスクールプラットフォーム」を採用することを決定した、発表した。

0612-gt学校図書では、以前から指導者用、学習者用デジタル教科書(教材)を制作。そのノウハウを活かして富士ソフト、教育出版、学研教育みらい、学研プラスとともにデジタル教科書共通基盤の開発を進めてきた。

この集約された手法と技術を活かし、新しいデジタル教科書共通基盤は従来のものに比べ、操作性が飛躍的に向上する。

新しいデジタル教科書・教材は、2020年4月から使用。

関連URL

学校図書

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス