1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学校図書、富士ソフトの「みらいスクールプラットフォーム」を採用

2019年6月12日

学校図書、富士ソフトの「みらいスクールプラットフォーム」を採用

学校図書は11日、2020年度から小学校で使用される教科書に合わせて制作されるデジタル教科書・教材の共通基盤に、富士ソフトの「みらいスクールプラットフォーム」を採用することを決定した、発表した。

0612-gt学校図書では、以前から指導者用、学習者用デジタル教科書(教材)を制作。そのノウハウを活かして富士ソフト、教育出版、学研教育みらい、学研プラスとともにデジタル教科書共通基盤の開発を進めてきた。

この集約された手法と技術を活かし、新しいデジタル教科書共通基盤は従来のものに比べ、操作性が飛躍的に向上する。

新しいデジタル教科書・教材は、2020年4月から使用。

関連URL

学校図書

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス