1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DATAFLUCT、JAXAベンチャーに認定“衛星データを誰もが活用できる世界へ”

2019年6月28日

DATAFLUCT、JAXAベンチャーに認定“衛星データを誰もが活用できる世界へ”

DATAFLUCTは27日、宇宙航空研究開発機構「JAXA」の知的財産やJAXAの業務で得た知見を利用して事業を行う、国内5社目の「JAXAベンチャー」に認定されたと発表した。

0628-df同社は、埋もれているデータから新たな価値を生み出しつづけるデータビジネス・デベロッパー。新規事業専門家であり、現在JAXAの職員である起業家が今年1月29日に設立。衛星データをはじめとしたビッグデータのビジネス活用プロデューサーを担う。

今後1年以内に、「DISCOVERY」、「MAKETING」、「PRICING」の3つを代表とするデータ活用ソフトウエアサービスをリリースする予定。

「DISCOVERY」は、これまで一部の企業しか活用することのできなかった衛星画像を誰もが検索し、活用できる無料のサービス。

ユーザー自身がWEBブラウザ上の直感的なユーザーインターフェイスで衛星画像をタグ付け、抽出することができる。

「MARKETING」は、人流データやオープンデータの活用による機械学習(AI)商圏分析によって、事業用不動産物件を比較検討できる無料サービス。

ビジネスオーナーの出店予定の業態と、出店候補地(位置情報・物件情報など)を入力するだけで、「売上」推定を行い、失敗確率を下げる出店戦略を支援する。

また、「PRICING」は、気象情報や人流データなどのビッグデータを活用した独自の需要予測モデルの開発で、フードロス問題の解決につなげる、食品スーパー向けのサービス。

未来予測が可能な気象ビッグデータとリアルタイムPOSデータ分析により、廃棄率が高い商品の需要予測の精度を高めることで、廃棄ロスと機会ロスを同時に解消していく。

関連URL

「JAXAベンチャー」としてのDATAFLUCT

DATAFLUCT

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス