1. トップ
  2. データ・資料
  3. 夏休みの勉強、2人に1人が英語、プログラミングは約2割=明光義塾調べ=

2019年7月12日

夏休みの勉強、2人に1人が英語、プログラミングは約2割=明光義塾調べ=

明光ネットワークジャパンは、夏休みの子どもの過ごし方に関する実態調査を実施し、11日その結果を公表した。

0712-mkn
小学4年生から6年生の子どもを持つ保護者男女400名を対象に質問したところ、夏休み中に英語を「勉強する」「どちらかというと勉強する」と答えたのは合わせて50.3%と、小学生の2人に1人が今年の夏休みに英語を勉強することが分かった。また「プログラミング」に関しては、19.0%の小学生が勉強することが分かった。

また、小学4年生から中学3年生までの子どもを持つ保護者男女800名を対象に訊ねたところ、その約4割が昨年の夏休みに子どもの宿題を手伝ったと回答。手伝ったと回答した保護者に夏休みの宿題を手伝うことについて訊いたところ、「子どものためになる」40.2%、「子どものためにならない」32.8%で、保護者の4割は子どものためになると思って手伝っていることが分かった。

夏休みに宿題について、「必要」「どちらかというと必要」を合わせて73.6%の保護者が必要であると感じており、自由研究については、26.1%の保護者が必要と感じていた。また、保護者の2人に1人が子どもの夏休みは長いと感じており、保護者の45.7%が夏休み中に子どもにストレスを感じることがあると回答した。

さらに、今年の夏休み、自宅以外で子どもが最も多くの時間を過ごす場所を訊ねたところ、1位が「クラブ、部活動」19.6%、2位が「学校」18.4%、3位が「学習塾」18.2%となった。

関連URL

明光ネットワークジャパン

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 「どんな生徒を育てたいですか?」 生徒の無限の可能性を引き出す具体的な場面と手法、教員のあり方 長崎南山中学校・高等学校講演 2/4(火) WEB開催
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス