1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 飯能市と富士通マーケティング、LINE使った市民向け図書サービスの実証実験

2019年7月24日

飯能市と富士通マーケティング、LINE使った市民向け図書サービスの実証実験

埼玉県飯能市と富士通マーケティングは23日、LINE上で図書の検索・予約ができる市民向け図書サービス「図書チャットボット」の実証実験を、飯能市立図書館で開始した。

0724-fjこの実証実験は、富士通マーケティングが開発している「図書チャットボット」を図書館利用者に使用してもらい、チャットボットの操作性を検証するとともに、図書館の利用頻度が低い世代に対して、図書館の利用促進を図ることが目的。

飯能市立図書館は、2013年に新図書館を開館。それにともない、クラウド型公共図書館業務サービス「FUJITSU文教ソリューションWebiLis(ウェブアイリス)」と、カーリル社のスマートデバイス向け情報探索支援システム「カーリルタッチ」を組み合わせた図書館システムを導入して、サービス向上に取り組んできた。

一方、富士通マーケティングは、多くの図書館をICTで支援。その中で、時代に合わせた利用しやすいサービスや環境を提供すべく、「図書チャットボット」の開発を進めてきた。

今回、両者の取り組みの方向性が一致したため、チャットボットによる市民向け図書サービスの実証実験を行うことになった。

実証実験は、7月23日~8月31日まで実施。利用者は、同図書館で「図書チャットボット」LINE公式アカウントを友だち登録することで、各種サービスを利用できる。

同市は、実証実験でLINEを活用し、書籍の検索や、図書館に関する情報発信をすることで、図書館の新しい活用方法を探るとともに、あまり図書館を利用しない層に対し図書館に親近感をあたえるのが狙いだという。

関連URL

飯能市

富士通マーケティング

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス