1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ユーバー、自宅で作って参加できるスクラッチ「せんすいかんたいけつ」大会を開催

2019年8月9日

ユーバー、自宅で作って参加できるスクラッチ「せんすいかんたいけつ」大会を開催

子ども向けプログラミング学習サービスを展開するユーバーは9日、スクラッチを使ったプログラミング大会「第3回 ユーバープログラミング大会2019ねん なつ せんすいかんたいけつ」を開催、申込み受付を開始した。

0809-ybユーバーは、直営スクールの受講生やユーバーの教材で学ぶパートナースクールの受講生らを対象に、楽しくモチベーションアップをはかるイベントとしてスクラッチによるプログラミング大会を毎年開催している。第3回となる今回は、初めてスクール生以外でも参加できる一般の部を創設した。

教材費とエントリー費合わせては540円(税込)という手軽さで、子どもや親子など誰でも気軽に参加できるので、プログラミングを楽しむきっかけにしてほしいという。

開催概要

テーマ:せんすいかんたいけつ
部門・資格:誰でも部門には年齢制限はない。
子ども、大人、ペアで協力してなどどなたでも参加いただけます。
提供物概要:Scratch3.0を使ったプログラムファイル(せんすいかんたいけつのsb3ファイル)、説明書PDFのダウンロード提供。
必要な知識: Scratch3.0の基本的な使い方を理解している人。
参加方法:申し込むと、スクールから案内メールを送付。
メールの記載にしたがって手続き、教材プログラムファイルと説明書をダウンロードする。説明書のルールに則って「せんすいかん」のプログラムを自宅などで開発しエントリー。詳細は、説明書PDFならびにスクールからのメールを確認。
*スクラッチ3.0 の利用が可能なPCなどの環境が必要。
参加費用:1名または1グループ エントリー毎に教材費・エントリー費として540円(税込)
*申込後、振込で支払い。
スケジュール:教材ダウンロード開始 2019年8月9日
開発期間:2019年9月8日18時までにメール添付で提出。
大会(動画公開予定):9月29日午後(詳細はあらためてご案内する)
賞品:1位と2位には賞品がある。スマートスピーカー、micro:bit予定。

詳細・申込

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス