1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 特許技術を自社ロボットに組み込んで使える「ALGoZa Library」発売

2019年11月1日

特許技術を自社ロボットに組み込んで使える「ALGoZa Library」発売

チトセロボティクスは、同社の特許技術のロボット制御理論「ALGoZa(アルゴザ)」を組み込んで使える、最新の視覚フィードバック制御ソフトウェアライブラリ「ALGoZa Library」を、11月1日に発売する。

同社の独自技術「ALGoZa」は、2010年に開発。これまでの厳密なキャリブレーションとティーチングに基づく従来のロボット制御とはまったく違う、新しい制御理論をロボット工学に応用したもの。

ロボットパラメータや環境パラメータに誤差を含んでいても、高精度にロボットの手先位置姿勢を制御する技術で、複数のセンサ情報を厳密なキャリブレーションなしに処理し、ロボット制御信号へと変換する独自のアルゴリズムによって実現されている。

今回、企業での商用利用・製品組み込みを目的として、ロボット制御ソフトウェアに組み込むことで「簡単に高精度な」視覚フィードバック制御ができるC++ソフトウェアライブラリとして「ALGoZa Library」を販売することにした。

このライブラリを使用すると、厳密なキャリブレーションがない場合でも、ロボットアームの手先位置姿勢を高精度に制御することができる。

また、ROS(Robot Operating System)に代表されるようなミドルウェアを必須とせず、簡易なプログラムからでも呼び出して使える簡単さが特徴。

これまでのカメラを用いた視覚フィードバック制御では、カメラキャリブレーションからステレオキャリブレーション、ロボットキャリブレーションと手間がかかった。

だが、「ALGoZa Library」を使用すると、ロボットの粗いパラメータを入力するだけで、カメラの画像情報から視覚フィードバック制御を開始できるという。

関連URL

ALGoZa Libraryの問合わせ

チトセロボティクス

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス