1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省、93.5%の市町村教委が小学校プログラミング教育への取り組みを開始

2020年1月9日

文科省、93.5%の市町村教委が小学校プログラミング教育への取り組みを開始

文部科学省は9日、2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修となるにあたり、各学校において、2019年度中に、その円滑な実施に向けて最低限必要と考えられる指導体制の基礎が整えられているかなど、市町村教育委員会における準備状況・予定について把握するための調査を実施、その結果を発表した。


最低限必要と考えられる指導体制の基礎とは、具体的には、教育委員会が設置する各小学校において、少なくとも1人以上の教員が、実践的な研修を受けたり、授業の実践や模擬授業を実施したりしているかというもので、かなりハードルを下げた調査となっている。

その結果、小学校のプログラミング教育実施に向けて93.5%の教育委員会が今年度末までに最低限必要と考えられる指導体制の基礎を実施済み・実施予定と回答した。一方、6.5%(114自治体)の教育委員会では、最低限必要な指導体制さえ整っていないことが分かった。


都道府県別では、最高100%から最低74%までバラツキが見られ、特に青森県、福島県、島根県、沖縄県などの教育委員会での遅れが目立つ。

文科省では今後、最低限の指導体制の基礎が整っていない自治体に対するヒアリング等を行って、より詳しい状況を確認。必要に応じて当該地域でのセミナー開催や、教員研修用教材等の提供を実施するとしている。

また、最低限必要と考えられる指導体制の基礎が整っている自治体においても、一層プログラミング教育の充実に取り組めるよう、引き続き必要な情報提供等を実施するという。

調査は、小学校及び義務教育学校(前期課程)を設置するすべての市町村教育委員会(特別区、学校組合含む)を対象に、2019年11月1日現在を調査時点として行われた。

関連URL

市町村教育委員会における小学校プログラミング教育に関する取組状況等調査

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • GIGAスクール端末のお困りごとを解決!!! 24時間365日受付 何かあれば電話一本で! Warranty technology
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス