1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 杏林学園、セルフRPA「ipaSロボ」の導入で事務作業360時間分を自動化

2020年2月3日

杏林学園、セルフRPA「ipaSロボ」の導入で事務作業360時間分を自動化

デリバリーコンサルティングは、同社のセルフRPA(Robotic Process Automation)ツールの「ipaSロボ」(アイパスロボ)を杏林学園(東京・三鷹市)が導入した、と1月31日に発表した。

1966年設立の杏林学園では、人事課が約3200人もの職員に対する各種人事サービスを行っているが、日常業務の抜本的な生産性の向上を図るためにRPAの活用を推進。数あるRPAツールの中から、今回、同社の「ipaSロボ」を選択した。

杏林学園では手始めに、人事課で65の業務候補の中から6つの業務に絞ってRPAを導入して実証実験を行った。その結果、これまで人が対処していた正味360時間ほどの作業を「ipaSロボ」が代替することに成功。

実務担当者自らが検証~本番稼働まで対処できる「セルフRPA」を導入したことで、何をRPAに任せるべきか、何を人がやるべきなのかの視点で業務をとらえる習慣が付いたという。

「ipaSロボ」は、同社開発の「テスト自動化ツール」を発展させて製品化したもの。非IT系部門に向くデスクトップ型セルフRPAツールで、高度な画像認識技術でPC上のあらゆる操作を自動化。また、PCの基本操作だけでスクリプト開発ができるという。

関連URL

「ipaSロボ」

デリバリーコンサルティング

杏林学園

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi オンラインセミナー2020 新学習指導要領を見据えた学校グランドデザインとICT活用を考える 3校の事例講演あり 11/14(土)
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 快適なテレワークに必要なのは、業務用Wi-Fiの活用! ~withコロナ時代に実践企業から学ぶ~ 会期:2020年11月17日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛: FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス