1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 杏林学園、セルフRPA「ipaSロボ」の導入で事務作業360時間分を自動化

2020年2月3日

杏林学園、セルフRPA「ipaSロボ」の導入で事務作業360時間分を自動化

デリバリーコンサルティングは、同社のセルフRPA(Robotic Process Automation)ツールの「ipaSロボ」(アイパスロボ)を杏林学園(東京・三鷹市)が導入した、と1月31日に発表した。

1966年設立の杏林学園では、人事課が約3200人もの職員に対する各種人事サービスを行っているが、日常業務の抜本的な生産性の向上を図るためにRPAの活用を推進。数あるRPAツールの中から、今回、同社の「ipaSロボ」を選択した。

杏林学園では手始めに、人事課で65の業務候補の中から6つの業務に絞ってRPAを導入して実証実験を行った。その結果、これまで人が対処していた正味360時間ほどの作業を「ipaSロボ」が代替することに成功。

実務担当者自らが検証~本番稼働まで対処できる「セルフRPA」を導入したことで、何をRPAに任せるべきか、何を人がやるべきなのかの視点で業務をとらえる習慣が付いたという。

「ipaSロボ」は、同社開発の「テスト自動化ツール」を発展させて製品化したもの。非IT系部門に向くデスクトップ型セルフRPAツールで、高度な画像認識技術でPC上のあらゆる操作を自動化。また、PCの基本操作だけでスクリプト開発ができるという。

関連URL

「ipaSロボ」

デリバリーコンサルティング

杏林学園

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス