1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語アプリ「POLYGLOTS」、売上金の一部を新型コロナウイルス対策に寄付

2020年2月25日

英語アプリ「POLYGLOTS」、売上金の一部を新型コロナウイルス対策に寄付

英語学習アプリ「POLYGLOTS」を運営するポリグロッツは、新型コロナウイルスの広域に及ぶ感染拡大の抑制に役立ててもらうため、オンラインレッスン売上金の一部を関係機関に寄付する「新型コロナウイルス対策緊急支援プログラム」を、21日からスタートさせた。

具体的には、POLYGLOTS主催のオンラインレッスンの売上金の一部を、災害時の緊急・人道支援を行うNGO組織「ジャパン・プラットフォーム」(JPF)へ寄付する。

JPFは、日本の緊急人道支援の新しいしくみとして2000年に誕生。NGO・経済界・政府などが対等なパートナーシップのもとに連携し、迅速かつ効率的に国内外の緊急支援を実施するため、日本のJPF加盟NGOを様々な形でサポートしている。

設立以来、総額600億円以上、1500以上の事業、50以上の国・地域での支援実績、企業とNGOの協業の促進、しっかりとした活動報告により信頼を構築。各得意分野を持つ40以上のJPF加盟NGOと情報を共有し、ともに支援プロジェクトをつくっている。

POLYGLOTSは、自分の好きな世界中の英語ニュース(BBC、TheJapanTimes、Techcrunch、AsahiShimbun、JIJI PRESS NEWS他多数)を利用しながら英語学習ができるAll In One型の英語学習アプリで、140万人が使用。

POLYGLOTSのオンラインレッスンは、受講する生徒側も講師側も完全リモートで開催ができ、新型コロナウイルス感染に対しての安全性が確保されている。

緊急支援プログラムの概要

実施期間:2月21日(金)〜沈静化まで
対象:POLYGLOTSアプリ内で開催されている全オンラインレッスン
開催中のレッスン

関連URL

JPF

ポリグロッツ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス