1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. テクノスピーチの教育機関向け電子教材、無償提供2週間で3000ライセンスを突破

2020年4月24日

テクノスピーチの教育機関向け電子教材、無償提供2週間で3000ライセンスを突破

テクノスピーチは23日、同社が参画しているCeVIOプロジェクトが提供するWindows用音声創作ソフトウェア「CeVIO Creative Studio(チェビオ・クリエイティブ・スタジオ)」が、無償提供開始からわずか2週間足らずで3000ライセンスを突破したと発表した。


CeVIOプロジェクトは、新型コロナウイルスによる休校などを受け、全国の大学・高校・中学・小学校などの教職員を対象に、オンライン授業・オンデマンド授業のコンテンツ作成で利用可能な音声合成ソフトウェア「CeVIO Creative Studio」を、4月10日から無償提供した。

現在、北海道から沖縄まで50以上の教育機関、全国3000人以上の教職員が電子教材の作成などに利用している。

「CeVIO Creative Studio」は、コロナ対策として行われるオンライン授業・オンデマンド授業(動画投稿、動画配信、スライド添付などを含む)のためにのみ、6カ月間(9月30日まで)無料で教職員が利用できる。

「さとうささら」、「すずきつづみ」、「タカハシ」の3キャラクターの音声が利用でき、1つの組織につき、最大100ライセンスを提供。作成されたコンテンツ(動画やスライドなど)の閲覧者数に制限はない。

「CeVIO Creative Studio」は、「楽しそうに」、「悲しそうに」など、感情表現が可能な3種のボイス(元気な女性、穏やかな女性、落ち着いた男性)が同梱されており、内ひとつは歌を歌うこともできる。

このソフトウェアを使用することで、人間による話し声・歌声をリアルに再現できるようになるだけでなく、使いやすいインターフェースにより、発音やアクセントなども自在に編集でき、表現豊かなコンテンツが制作できる。

関連URL

「CeVIO Creative Studio」

無償利用の申込み

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス