1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フィート、聴覚障がい者との会話支援アプリをスマホ向けに提供開始

2020年6月3日

フィート、聴覚障がい者との会話支援アプリをスマホ向けに提供開始

フィートは1日、日常業務において、健聴者と聴覚障がい者の会話を音声と筆談で支援する法人向けアプリケーション「SpeechCanvas for Biz」(スピーチキャンバス フォービズ)(iOS版)を提供すると発表した。

同アプリは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が、同機構の所有する“話した言葉”を次々とふりがな付きで“文字”に変換する高精度音声認識技術に基づき、スマートフォン向けに開発したアプリケーション。

2017年にフィートはNICTから技術移転を受け、利用者の生活の質が向上することを期待し、展示会や実証実験を通じて普及に努めてきたという。

同アプリの特長の1つ目は、業務において安心・安全にアプリケーションを使ってもらうための『システムの信頼性・安全性』。アプリ利用時のユーザーデータを保存しないことのほか、情報漏洩リスク対策を強化している。

特長の2つ目は、業務上のコミュニケーションの質を高めるために、利用者の要望に応じた『カスタマイズ対応』。音声認識エンジンの辞書に業務特有の固有名詞が登録できる。

この2つの特長により、業務においてプライバシーや専門性など、会話の内容を選ばずに利用でき、さらに契約者への運用サービスにより安心して日々の業務で利用できるという。

人と人との会話の距離を一定に保つ「新しい生活様式」への変化に伴い、多様なコミュニケーション手段が求められている。同社は、「SpeechCanvas for Biz」の提供により、聴覚障がい者雇用企業、自治体、教育機関、及び、商業施設などにおけるコミュニケーションのバリアフリーを推進し、コミュニケーションの質が向上することで、業務の効率が高まることを期待しているという。

関連URL

SpeechCanvas for Biz

フィート

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス