1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クロスロケーションズ、東京理科大学ベンチャーファンドから2.2億円資金調達

2020年7月15日

クロスロケーションズ、東京理科大学ベンチャーファンドから2.2億円資金調達

クロスロケーションズは14日、東京理科大学ベンチャーファンドを引受先とした第三者割当増資により2億2000万円の資金調達を実施したと明らかにした。

同社では、位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」の開発・提供を行ってきた。LAPは、AIが位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・見える化を行った上で、エリアマーケティングの実施と効果測定を一気通貫で実行できるプラットフォーム製品。

今回の資金調達に合わせ、同社では、毎日更新させる位置情報ビッグデータから読み取れる市場変化および消費者行動変化を捉え、部門ごと・業務ごとに、1つのユーザーインターウェースで把握・確認でき、即座にマーケティング活動に利用できるよう、LAPの大幅なバージョンアップを行った。

部門ごと業務ごとに異なる目的、指標計測に対応するダッシュボード機能を搭載するとともに、位置情報ビッグデータを有効活用できるさまざまなウィジェットも合わせて開発した。「人流モニタリング」「商圏分析」「施策のプランニングおよび実施」「効果測定」など、マーケティング戦略立案に必要な情報がウィジェット化され、自由に組み合わせてレポートが作成できるようになった。

また、LAPの各機能の解析結果をすぐにマーケティング活動につなげて活用できる「XLロケーションベースアンケート」やSNS広告も出稿可能な「XLロケーションベース広告」も合わせて提供開始した。さらにLAP利用企業の担当者に代わって、各店舗の月次レポートや商圏レポート作成代行も行う「XLプレミアムサポート」プランも提供開始した。

今回の発表に伴い、LAPを実際に試用できる無料トライアルキャンペーンを行う。希望の場所をLAPで解析し、その結果をハンズオン形式で案内する。申込は8月28日まで。

関連URL

無料トライアルキャンペーンの申込

クロスロケーションズ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス