1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クロスロケーションズ、東京理科大学ベンチャーファンドから2.2億円資金調達

2020年7月15日

クロスロケーションズ、東京理科大学ベンチャーファンドから2.2億円資金調達

クロスロケーションズは14日、東京理科大学ベンチャーファンドを引受先とした第三者割当増資により2億2000万円の資金調達を実施したと明らかにした。

同社では、位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」の開発・提供を行ってきた。LAPは、AIが位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・見える化を行った上で、エリアマーケティングの実施と効果測定を一気通貫で実行できるプラットフォーム製品。

今回の資金調達に合わせ、同社では、毎日更新させる位置情報ビッグデータから読み取れる市場変化および消費者行動変化を捉え、部門ごと・業務ごとに、1つのユーザーインターウェースで把握・確認でき、即座にマーケティング活動に利用できるよう、LAPの大幅なバージョンアップを行った。

部門ごと業務ごとに異なる目的、指標計測に対応するダッシュボード機能を搭載するとともに、位置情報ビッグデータを有効活用できるさまざまなウィジェットも合わせて開発した。「人流モニタリング」「商圏分析」「施策のプランニングおよび実施」「効果測定」など、マーケティング戦略立案に必要な情報がウィジェット化され、自由に組み合わせてレポートが作成できるようになった。

また、LAPの各機能の解析結果をすぐにマーケティング活動につなげて活用できる「XLロケーションベースアンケート」やSNS広告も出稿可能な「XLロケーションベース広告」も合わせて提供開始した。さらにLAP利用企業の担当者に代わって、各店舗の月次レポートや商圏レポート作成代行も行う「XLプレミアムサポート」プランも提供開始した。

今回の発表に伴い、LAPを実際に試用できる無料トライアルキャンペーンを行う。希望の場所をLAPで解析し、その結果をハンズオン形式で案内する。申込は8月28日まで。

関連URL

無料トライアルキャンペーンの申込

クロスロケーションズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス