1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ロコタビ、放課後児童クラブと世界を繋ぐ「リモートトリップ」を開催

2020年8月6日

ロコタビ、放課後児童クラブと世界を繋ぐ「リモートトリップ」を開催

ロコタビは、シダックス大新東ヒューマンサービスと協力して、放課後児童クラブと世界を繋ぐ「リモートトリップ~オンライン夏休み!~」を、19日~31日にかけて、計6回(145クラス)実施する。

「ロコタビ」は、世界175カ国2500都市の5万人以上の海外在住日本人が登録するCtoC タウンコンシェルジュサービス。

一方、シダックス大新東ヒューマンサービスは、全国の各自治体の放課後児童クラブ、公共施設の受託運営などを行っている。

この両社がタッグを組んだ今回の企画は、期間短縮や旅行自粛が続く子ども達の夏休みの思い出作りをサポートし、子どもたちの「心の居場所」を作るのが目的。

日本中のシダックス大新東ヒューマンサービスが受託運営する、145クラスの放課後児童クラブの子ども達にオンラインで海外旅行を届ける。

実施概要

実施期間:8月19日(水)~31日(月)の期間中、計6回(145クラス)
内容:
・ボリビアのアマゾンのリモートトリップ
・ギリシャの島々のリモートトリップ
・オーストラリアのロットネスト島のリモートトリップ
対象:小学校低学年
詳細・問合せ

関連URL

「ロコタビ」

シダックス大新東ヒューマンサービス

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス