1. トップ
  2. データ・資料
  3. 5人に1人が「オンラインの方が自信を持てる」と回答 =テアトルアカデミー調べ=

2020年8月14日

5人に1人が「オンラインの方が自信を持てる」と回答 =テアトルアカデミー調べ=

テアトルアカデミーは13日、オンラインオーディション・レッスン「テアトルプラス オンラインアカデミー」の開講に伴い、全国の10・20代の男女500人を対象に実施した「オンライン上のコミュニケーションに関する調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、10・20代がオンライン上でのコミュニケーション「オンライン飲み会(お茶会)」にどのくらい参加したことがあるか調べたところ、「何度もある」7.6%、「ある」14.4%を合わせて、22.0%が「オンライン飲み会」に参加した経験があった。

男女別では、男性よりも女性の方が参加経験のある人が多かった。

また、参加した感想を質問したところ、「自分のペースで飲める」、「なかなか会えていない友達と画面越しにお酒を飲みながら語り合う」、「気軽に参加でき、服装などもそれほど気にせずにいい」など好意的な意見が目立った。

さらに、「オンラインデート」をしたことがあるか質問したところ、6.4%が「したことがある」と回答。それほど高い割合ではなかったが、「お金がかからない」など好評だった。

また、「オンラインレッスン」を受けたことがあるか聞いたところ、「何度もある」6.2%、「ある」10.0%と回答した人は合計16.2%。

中学生・高校生で「オンラインレッスン」を受けたことがある割合は18.8%。18歳(高校3年生を除く)~29歳で、受けたことがあるのは13.6%だった。

「デジタルネイティブ」、「スマホネイティブ」と呼ばれる10・20代だが、オンラインの方が自信を持って話せると思うか質問したところ、「感じる」3.4%、「どちらかというと感じる」17.8%を合わせて、21.2%と5人に1人以上が、オンラインの方が自信を持って話せるという事実が明らかになった。

その理由については、「何かあればいつでも逃げられると思うと気がラクだから」、「対面よりオンラインの方がリラックスして普段の自分で話せそうな感じがする」、「対面でないので恥ずかしさがない」など、周りの環境や直接話さないことによるメリットが見受けられた。

今までに、俳優・歌手・タレントなどの選抜を目的としたオーディションを受けた経験があるか質問したところ、「受けたことがある」と回答した人は7.8%、「受けたいと思ったが、受けなかった」も同数の7.8%で、多くはないが、一定数はオーディションに興味があることが分かった。

受けなかった理由については、6割以上が「勇気が出なかったから」64.1%と回答。「日程が合わなかった」25.6%、「遠いから」25.6%、「交通費が高いから」23.1%も2割を超えた。

この調査は、全国の中学・高校生の男女250人と18歳(高校3年生を除く)以上29歳以下の男女250人の合計500人を対象に、7月17日~21日にかけて、WEBアンケートで実施した。

関連URL

「テアトルプラス オンラインアカデミー」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス