1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 青山英語学院、定期テスト予想問題作成ツール「アシストRMT」に映像解説

2020年8月25日

青山英語学院、定期テスト予想問題作成ツール「アシストRMT」に映像解説

青山英語学院は24日、同社の「システムASSIST」に搭載されている定期テスト予想問題作成ツール「アシストRMT」に、9月1日から、新たに「映像解説コンテンツ」を付けてリリースすると発表した。

「アシストRMT」は教科書、ページ範囲、問題レベル、問題配列などを選択・設定するだけで何種類も問題プリントが作成でき、これまではPDF形式で解説を提供していたが、来月からは映像での解説動画を生徒画面に出すことができるようになる。

予想問題を解いて、解けなかった問題は解説を聞いて理解することができる。オンラインで家庭学習する生徒も安心してテストを受けることができる。

ASSISTの映像は、インターネット環境のある場所なら、パソコン、タブレット、スマホ(android、iOS)で視聴できる。生徒は教室ではもちろん、自宅でも教室と同じ内容の授業をオンライン学習することができる。

システムASSISTに内蔵された映像コンテンツは約5万。小学生から高校生まで、主要5科目を提供。映像はテキストをもとに作成し、導入から問題の解答解説まで丁寧な説明を収録。

年間を通して使うテキスト、短期的に用いる定期テスト対策や季節講習、入試・検定対策のテキストなど種類が豊富で、レベルも基本のものから応用発展まで合わせて約330冊。

また、ASSISTは、ITツールに認定されており、国の「IT導入補助金」を受けることができる。IT導入にかかる費用の1/2(30万円から最大150万円)の補助が受けられる。

【ASSIST導入プランの概要】(「300IDパッケージプラン」の場合)
・初期費用:15万円
・月々:3万円×12カ月
・150ID利用費:600円×300
・年間費用:69万円⇒34万5000円(IT導入補助金)

関連URL

「システムASSIST」詳細・説明会申し込み

青山英語学院

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス