1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育のデジタル化×エンタメで言語学習に革命を起こす「DEFアニバーサリー」がクラファンを開始

2020年9月24日

教育のデジタル化×エンタメで言語学習に革命を起こす「DEFアニバーサリー」がクラファンを開始

DEFアニバーサリーは、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、10月1 日から、募集による投資申込みの受付を開始する。

募集期間は10月1日~3日の3日間で、上限とする募集額は 2800万円(1口 10万円、1人 5口まで)。

同社は、料理教室「ABCクッキングスタジオ」の関連会社「エービーシースタイル」の代表で同社監査役の横井宏吏氏と、学習塾「東進ゼミナール」の代表・飯田裕紀氏が、アニバーサリーを多くの人に届け、アルファベットABCを次に繋げるという意味合いから、DEFを社名に用いて創業。

さらに、プロジェクトメンバーとしてタレントの田村淳氏を取締役に迎え入れ、エンターテインメントを基軸にした事業を行っている。

特許取得済みの英語学習アプリ「英音学」を用いて、効率化された言語学習法とスピーキング能力の見える化・システム化の拡充を実施。

ユーザビリティの向上を図るため、今月18日から「FUNDINNO」で、募集案内の事前開示を開始し、10月から募集による投資申込みの受付を始める。

同社の強みは、「エンタメ」「教育」「マーケティング」に強力な特殊なチーム編成ができている点だが、今回の資金調達で、資本力の充実を図って事業の成長に繋げる方針。

また今後、英語学習アプリ「英音学」を通して、学習者のスピーキングデータを収集し、そのデータを使って正しい発音との差異をAIで分析していくことで、学習進捗の「見える化」を行い、効果の高い教育コンテンツに拡張していくことで企業の成長を目指す。

関連URL

DEFアニバーサリー

同社プロジェクト

アプリ「英音学」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス