1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TechAcademy×Kaizen Platform、動画広告クリエイターコースをリニューアル

2020年10月29日

TechAcademy×Kaizen Platform、動画広告クリエイターコースをリニューアル

TechAcademy(テックアカデミー)では、Kaizen Platformと共同提供している「動画広告クリエイターコース」を10月27日の募集からリニューアルした。

動画広告クリエイターコースとは、主に動画広告クリエイターとして活躍したい大学生から社会人を対象とした、オリジナルの動画広告を作成するためのスキル習得を目指すコース。同コースは最短12週間のオンライン学習で、Adobe Creative Cloudの使い方を学び 、動画広告を制作。受講生が短期間で挫折せず着実にスキル習得ができるよう、一人ひとりに現役クリエイターのメンターがつき、マンツーマンメンタリングや、チャットサポートが付いているという。

また、プログラム内で使用する「Adobe After Effects」と「Adobe Photoshop」などが使えるAdobe Creative Cloud コンプリートプランがアドビの協力により3カ月無料で利用可能。

今年から5Gが実用化され、動画の使用シーンや目的の多様化が進む中、動画を制作するクリエイターの需要が拡大。そのような背景の中、「学んだ知識を活かして、すぐにクリエイターとして報酬を得たい」という受講生からの声を受ける機会が増えてきた。そこで同社はKaizen Platformとアドビと連携し、受講生が同コースを受講することで、よりクリエイターとして活躍するためのスキルを身につけることができ、すぐに仕事を獲得することができる環境を作るため、以下3点のリニューアル。

①受講後すぐにKAIZEN Adクリエイターとして採用。これまでは同コース受講後、「KAIZEN Ad」のクリエイターになるためには別途試験に合格することが必要だった。今回のリニューアルにより、同コースの最終課題に合格することで、KAIZEN Adのクリエイターになることが可能に。

②実案件や実案件を想定した模擬課題を追加。カリキュラム内容を大幅リニューアルし、受講期間中に複数の実案件や実案件を想定した模擬課題に挑戦できるように。受講期間中に複数の実案件の経験を積むことで、より実践的なスキルが身につく。

③TOPクリエイターからフィードバックがもらえる。同コースの終盤で実案件に挑戦する。ここではKAIZEN AdのTOPクリエイターからアドバイスやレビューを受けることができる。そのため基本的な動画広告の制作スキルを身に付けながら、現役のプロの知見やテクニックについても学ぶことが可能。

コース概要

料金:
12週間プラン 38万9000円(税別)
16週間プラン 43万9000円(税別)
24週間プラン 53万9000円(税別)
開講時期:11月16日(募集開始は10月27日〜)
申込 

関連URL

Kaizen Platform

TechAcademy

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス