1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. OKI、福島市立野田小学校で「出前バーチャル工場見学」を実施

2020年11月12日

OKI、福島市立野田小学校で「出前バーチャル工場見学」を実施

OKIグループの板金電源事業会社であるOKIシンフォテック(OSC)は11日、地元の福島市立野田小学校で「出前バーチャル工場見学」を実施したと発表した。

「出前バーチャル工場見学」の様子

同社では地域貢献活動の一環として、小学3年生の社会科授業「近所の工場見学」を2016年から毎年実施してきた。今年は新型コロナウイルス感染予防を考慮し、初めて「工場が学校にやってくる」形式で実施したもの。

当日は、OSCの若手社員を中心とするメンバー5名が同校を訪問。多目的ルームに集まった3年生126名に、レーザー加工や電源製造など、OSCが行っている「モノづくり」の様子を動画で紹介しながら、クイズを交えて分かりやすく説明した。また、動画に出てきたモノづくりの実体験として、子どもたち全員が電動ドライバーによるネジ締めにもチャレンジをした。

子どもたちは、ATMや駅の案内板など、街中で見かける製品が学校の近くの工場で作られていることに驚き、「100トンの力で鉄の板を曲げていることに驚いた」、「今回学んだことを記録して、将来はOKIに入社したい」などの感想も聞かれた。湯田校長は「学校近くの会社で自分たちの生活に身近なものを作っていることを学べて、とても貴重な経験となったはず」と感想を述べたという。

関連URL

OKI

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス