1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「ヒューマンアカデミー日本語学校」、日本語オンラインレッスンの簡体字・繁体字版リリース

2021年3月1日

「ヒューマンアカデミー日本語学校」、日本語オンラインレッスンの簡体字・繁体字版リリース

ヒューマンアカデミー日本語学校は、2020年8月に公開した日本語オンラインレッスンの簡体字・繁体字版を2月25日にリリースした。

また、同時に、世界で12億人以上のユーザーをもつ無料メッセージアプリ「Wechat(微信)」で、「修曼日本语学校」公式アカウントを開設した。

新型コロナウイルスの影響で、日本への留学を希望していた学生の渡日が延期となり、また日本国内にいる留学生は、緊急事態宣言により、日本語学習を満足に受けられず進路に不安に感じているという。また、在日外国人の中には、新型コロナウイルス情報を母国語で入手することが難しい人もいるという。

こうした背景から同社では、学びを止めない支援として日本語学習機会の提供と、リアルタイムに情報発信する手段として、中国国内約7億、世界で12億人以上のユーザーをもつ「Wechat(微信)」の公式アカウント開設と、日本語と英語の2言語で展開していたプライベートオンラインレッスンサイトを新たに簡体字と繁体字の言語対応をしたという。

これによって、日本国内はもちろん、中国・台湾に在住している人が現地でのオンラインレッスンを予約・受講することができるように。カリキュラムは日本語・英語と同様に日常会話・ビジネス日本語・JLPT対策と幅広く用意しており、受講生のニーズに合わせて日本語学習を進めていくことができる。

同レッスンは、会員登録から決済・受講までオンラインで完結できるオンライン日本語学習。授業を教えている教師は、日本語学校で教えている教師でオンラインでも日本語学校で提供している同等の教育品質を実現。近くに日本語学校がない人でも高い教育品質の日本語学習 をする場を提供するために今後も多言語の対応をしていく予定。

特徴は、会話力だけでなく読む・書くスキルを合わせて総合的に日本語が学べる、日本人の日本語教師と学習が進められる、マンツーマンレッスンで自身のペースで学習できる、初回限定で無料体験レッスンが受けられること。

Wechat(微信)公式アカウント「修曼日本语学校」では、日本語学習の初学者からビジネス日本語まで、レベルにあわせた学習方法の提案や日本語を楽しく学ぶためのミニクイズ、日本語能力試験(JLPT)N1~N5の対策のための学習のヒントなど発信する予定。

「修曼日本语学校」公式アカウントID:humanakademyjp

関連URL

簡体字

繁体字

ヒューマンアカデミー日本語学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス