1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 建設システム×静岡大、小・中生向けの「未来のエンジニアを育成」するサービスを開始

2021年4月2日

建設システム×静岡大、小・中生向けの「未来のエンジニアを育成」するサービスを開始

建設システムは1日、静岡大学教育学部の塩田真吾准教授と共同で、子どもたちをICTスクールエンジニアとして育成するためのオンライン教材「スクールエンジニア検定・エンサップ」の運用を開始したと発表した。

両者は、同社が持つエンジニアとしてのノウハウと、教育工学や授業デザインを専門とする塩田准教授の知見を活かして、「未来のエンジニアを育成し、GIGAスクール構想をサポート」するために共同研究を行い、今回、「スクールエンジニア検定・エンサップ」のサービスを開始した。

「エンサップ」は、主に小学生・中学生を対象としており、スクールエンジニアとして学校内でICT教育を引っ張っていく存在になるような内容を取り入れている。

生徒をエンジニアとして育成することで、自ら問題を解決し、情報活用能力を高めることができる。

そうすることで、教員の負担を軽減させるほか、保護者も安心して子どもに端末を持たせることができるようになる。

「Engineer+Support・Supplement」から、En-Supp(エンサップ)という名称を付けた。また、SE検定のSEはシステムエンジニアではなく、スクールエンジニアを指す。

静岡県内の小学校でのテスト運用を経て、1日からサービスの運用を開始したが、当面は静岡県内をめどに実施し、今後時期を見て全国に広げていく予定。

関連URL

「エンサップ」

建設システム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス