1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リンゲージ日本語学校、「オンライン授業のための日本語教師育成コース」受講者募集

2021年7月14日

リンゲージ日本語学校、「オンライン授業のための日本語教師育成コース」受講者募集

全研本社は、同社が運営する「リンゲージ日本語学校」で、「オンライン授業のための日本語教師育成コース」第2期の受講者募集を、10日から開始している。

第2期の講義は、9月1日~11月30日の12週間。すべて夜間コースで、働きながら学べるコースになっており、受講期間中は何回でも動画を視聴できる。

講師陣は、需要が高い外国人対象企業研修関連からの要請に応えられるよう、日本語教育の専門家だけでなく、MBAホルダー、外国人支援に特化した国家資格キャリアコンサルタント、製造業での取締役経験者など多彩なメンバー。

また、LMS(ラーニングマネジメントシステム)を活用し、動画視聴、課題のやりとりに加え、受講者間の学びの場がオンライン上で設定できるのも特徴の1つ。オンラインで学ぶ学習者としての立場をリアルタイムで体験できる。

コースは必修9科目で構成。動画で知識を得、ライブ授業で様々な作業や練習を実践できる形式になっている。

コースの概要

開講日時:9月1日(水)~11月30日(火)の12週間
開講方法:オンライン(ZOOMを利用)
受講料:6万6000円(税込)
定員:20人(最低実施人数4人)
必修科目:①オンラインレッスンの基本~スキル編、②伝わる話し方・ボイストレーニング、③オンラインレッスンの基本~組み立てと心がまえ編、④スライドの作り方、⑤zoomの使い方、⑥その他のツールの使い方(Google Meet, Jam boardなど)、⑦授業見学(動画)、  ⑧授業演習、⑨教育実習、〈他に選択科目(有料)あり〉

詳細
申込み

関連URL

リンゲージ日本語学校

全研本社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス