1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スタディプラス、電子参考書が使える「デジタル教材プラットフォーム」を来年1月から提供開始

2021年9月16日

スタディプラス、電子参考書が使える「デジタル教材プラットフォーム」を来年1月から提供開始

スタディプラスは15日、同社の学習管理サービス「Studyplus」で、学習参考書をはじめとする電子教材が使えるデジタル教材プラットフォーム「Studyplusブック」を、2022年1月から提供を開始すると発表した。(一部サービスは2021年11月から先行リリース予定)


「Studyplusブック」では、月額980円(税込)で参考書200冊以上が利用できる「Studyplusブック読み放題」と、紙版の購入で電子版を提供する「Studyplusブックコード」の2つのサービスを提供する。

個人利用のほか、学校や塾などでの法人利用にも対応し、教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」と合わせて利用することができる。

なお、同社が2019年9月から提供している電子参考書サービス「ポルト」は、「Studyplusブック」に統合し、単独サービスとしての「ポルト」は段階的にサービスを終了する予定。

「Studyplusブック」の概要

①「Studyplusブック読み放題」
内容:月額980円(税込)で電子版の学習参考書200冊以上が使い放題になるサービス。前身の「ポルト」から引き続いて18の出版社が参画する予定(2021年9月時点)。スマホ/タブレット(iOS/Android)に対応しており、分厚く重い参考書を持ち歩くことなく、いつでもどこでも手持ちの端末を勉強に使うことができるようになる。
利用料金:App Store/Google Play課金980円/月(税込)
②「Studyplusブックコード」
内容:出版社と共同で電子版教材の普及に取り組むサービス。対象となる紙の参考書を購入すると、Studyplus上で利用できる電子版(Studyplusブック教材)を提供する。紙の参考書とデジタル参考書を用途によって使い分けることができるようになり、教育現場の実情に則して紙とデジタル双方の強みを活かした指導が実現できる。

詳細

関連URL

「Studyplus」

「Studyplus for School」

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス