1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Schoo、高等教育機関DXプラットフォーム「Schoo Swing」を正式リリース

2021年9月29日

Schoo、高等教育機関DXプラットフォーム「Schoo Swing」を正式リリース

Schoo(スクー)は28日、大学・専門学校などの高等教育機関DXプラットフォーム「Schoo Swing(スクースウィング)」の一部機能をアップデートして、正式リリースした。

「Schoo Swing」は、同社が高等教育機関に特化して開発を進めている「CMS/LMS一体型クラウドベースの学習管理・配信プラットフォーム」で、今年6月にβ版をリリース。

今回の正式リリースでは、20以上の大学への支援実績やβ版への要望を踏まえて品質面を改善するとともに、いくつかの新機能を追加した。

新機能の1つ「対面/オンラインのUI切替機能」は、対面授業とオンライン授業で同じ画面を見て学ぶことができる。

また、「オンデマンド動画の双方向性促進機能」では、オンデマンド講義動画のタイミングを指定して教員コメントやクイズを挿入することで、授業の双方向性を担保。

具体的には、学生が事前にオンライン受講か対面受講かを選択でき、どちらを選択してもコメントやリアルタイムアンケート機能を通じて教員、学生間の双方向性コミュニケーションを促進できる。

また、10年間オンライン授業を提供してきた同社のノウハウを活かしたプロダクト設計を盛り込んでおり、学生の授業参加姿勢を引き出し活発な双方向性授業の実現をサポート。

アクションボタンの押下状況やクイズの結果は、出欠管理や次回以降の授業改善のために活用できる。

さらには、オンデマンド授業を管理するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)、ライブ授業を実施するZoomなどのTV会議システム、教材配布や学習データを管理するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)など、これまで複数のツールを組み合わせて対応していたフローを、「Schoo Swing」1つで代替できる。

学生の出席状況や課題提出状況なども「Schoo Swing」上で一元管理でき、教職員の授業以外の作業負荷を削減できる。

関連URL

「Schoo Swing」

school

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス