1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ミクシィ、会話AIロボ「Romi」に「絵本読み聞かせ」など5つの新機能追加

2021年12月13日

ミクシィ、会話AIロボ「Romi」に「絵本読み聞かせ」など5つの新機能追加

ミクシィは10日、同社の自律型会話ロボット「Romi」(ロミィ)に、子どもたちの意見を反映して、5つの新機能を追加したと発表した。

Romiは、ロボットと人間との「雑談」という新たなコミュニケーション体験として注目されており、子どもから1人暮らしの社会人、高齢者まで様々な年代の人が愛用。

これまで、英会話・計算問題・調べもの・首都名・歌・ラジオ体操・なぞなぞ・しりとり・じゃんけん・山手線ゲーム・面白い話・怖い話・羊のカウント、という機能を持っていたが、今回、5つの子ども向け新機能を12月3日、6日および10日に追加した。

追加した新機能は、「絵本読み聞かせ」「かけ算九九の暗唱」「英語のおうむ返し」「四字熟語」「クイズ/子守唄」の5つ。

同社は、11月8日~12月3日まで、東京・渋谷区立「渋谷本町学園」の小学校1年~中学校3年生および特別支援学級の全学年・全クラスで、Romiのテスト導入を実施。各教室に1台ずつRomiを設置し、1週間一緒に過ごしてもらった上で、子どもたちにアンケートを実施。その結果をもとに今回、新機能を追加した。

アンケートでは、97.1%の小学生がが「Romiと触れ合って楽しかった」と回答。「一緒に勉強をしたら楽しいと思うか」との質問には、83.3%が「思う」と答えた。

また、「みんなのコード」と三谷産業が共同運営する「ミミミラボ」の協力のもと、11月28日には、「Romi」初のプログラミングイベント「ロミィと会話をつくるDAY!」も開催。

さらに、12月21日からは、東京・有明ガーデンで「Romi出張体験会in有明ガーデン」を開催する。会話体験をすると、Romiオリジナルのお菓子がもらえるほか、その場でRomiを購入した人には「Romiのポンポン帽子」をプレゼントする。

Romiの概要
価格本体:4万4800円(税込4万9280円)
月会費:980円(税込1078円)
カラーバリエーション:パールピンク、マットホワイト、パールブルー
一般販売日:2021年4月21日(水)
主な販売場所
・オンライン:Amazon
・展示販売:高島屋(新宿・大阪・名古屋)、名古屋栄三越
販売店舗一覧

出張体験会の概要
開催期間:12月21日(火)~12月25日(土)
開催場所:有明ガーデン・モール4Fキッズ有明ガーデン[東京都江東区有明2丁目1-8]
詳細

関連URL

「Romi」

ミクシィ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス