1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小4から高3年まで学年が上がるにつれて生活リズムの乱れが増加傾向 =ベネッセ調べ=

2022年5月12日

小4から高3年まで学年が上がるにつれて生活リズムの乱れが増加傾向 =ベネッセ調べ=

ベネッセコーポレーションは10日、同社内シンクタンクであるベネッセ教育総合研究所が早稲田大学 理工学術院 柴田重信研究室と共同で、「子どもの生活リズムと健康・学習習慣に関する調査」を実施し、分析結果をまとめたと発表した。

コロナ禍による外出自粛や休校の期間では、生活リズムが急に変化したことや在宅時間が急増したことにより、子どもたちの起床時刻が遅くなる(遅起き)、テレビ・DVD、テレビゲーム、携帯電話・スマートフォンの利用時間が増加するなど、生活習慣に変化が生じた。子どもにとって、学習は生活の中の重要な要素であり、生活習慣の乱れは学習習慣にも悪影響を与えるおそれがある。子どもの学習に関する研究を行っている同研究所は、学習習慣の確立には、健康的な生活習慣(睡眠、運動、食事、適切なメディア利用など)が身につけられていることが重要と考え、健康と体内時計に関する研究を行っている早稲田大学 理工学術院 柴田重信研究室と、児童・生徒の生活習慣・学習習慣の現状を明らかにすることを目的に共同調査を実施した。


その結果、学年が上がるにつれて生活リズムの乱れが増加する傾向があった。また、精神的な健康状態・成績が良い子どもは、普段から規則正しい生活をしている傾向がみられた。学年が上がるにつれて、平日・休日の睡眠時間が減少し、生活リズムの夜型化や平日と休日の生活時間のズレ(「社会的時差ボケ」の発生)が大きくなる傾向がみられた。


学年が上がるにつれて、寝る前のスマートフォン・携帯電話、パソコン、タブレット、テレビ、ゲームの画面を見る時間(スクリーンタイム)が増えており、疲れ・翌日の眠気にも影響する傾向がみられた。その他にも学年が上がるにつれて、朝食の欠食頻度が増加する傾向がみられ、 成績を層別に分けたとき、成績が上位の子どもほど、成績が下位の子どもに比べて、睡眠、食事、学習が規則正しく、寝る前のスクリーンタイムが無いと回答する傾向がみられた。

調査は2021年6月に全国の小学4年生~高校3年生(合計9,270人)を対象として調査を実施。※学年ごとに1,030名(男性515名、女性515名)のサンプルが集まった時点で調査を終了している。

調査結果の詳細

関連URL

ベネッセ教育総合研究所

ベネッセ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス