1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育ソフトウェア、授業改善アンケート「FD マネージャー」ユーザー数100 万人達成

2022年7月6日

教育ソフトウェア、授業改善アンケート「FD マネージャー」ユーザー数100 万人達成

教育ソフトウェアは1日、高等教育機関向け授業改善アンケートシステム「FD マネージャー(F マネ)」の導入校がコロナ禍をきっかけに急増し、今年 6 月末で導入校 100 校・累計ユーザー数 100 万人を超えたことを発表した。

「F マネ」は、主に大学の学生に対して授業アンケートを実施し、わかりやすいグラフや図の結果表にして教員にフィードバックできる FD 活動支援システム。マークシートによる授業アンケートで 20 年以上の実績を持つ教育ソフトウェアが、大学のDX化に合わせて Web アンケートも可能なシステムとして 2013 年から開発・販売していたところ、2020 年以降大幅に導入校が増え、累計ユーザー数は 2022 年 6 月末時点で 3 年前の約4.2倍(115万772 人)に達した。

ここ 3 年で導入校が急増した背景には、2020年から始まったコロナ禍があるという。多くの大学で授業が対面からオンラインに切り替わっていく中、これまでマークシートで授業アンケートを実施していた大学で例年通りの実施が困難になり、オンラインでのアンケート実施のニーズが急速に拡大したことが導入校増加の大きな後押しとなった。

「F マネ」の強みはWebとマークシートの2系統で授業アンケートを実施できることで、オンライン授業はWeb アンケート・対面授業はマークシートアンケート、という使い分けが可能。これにより、コロナ禍が収まったらマークシートに戻したいという大学側のコロナ後を見据えた要望にも柔軟性を持って対応できる。

また、大学職員の負担を大幅に軽減する手厚いユーザーサポート体制も評価された。同社のデータマネージャーが各学校の状況に則した各種設定・運用やスケジュールの管理までをきめ細かく最後までサポートする。

今後は、大学事務局職員の負担軽減につながるサービス(結果表のみの出力代行や「教員出講調査アンケート」などオプション機能の追加)について、一層の展開・改良を進めていく予定だという。

関連URL

「F マネ」の詳細・問い合わせ

教育ソフトウェア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス