1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. そらビ、宇宙の最先端を学ぶ「⽇本宇宙少年団・東京⽇本橋分団」を設立

2022年9月13日

そらビ、宇宙の最先端を学ぶ「⽇本宇宙少年団・東京⽇本橋分団」を設立

そらビは12日、様々な宇宙関係企業が集積する東京の「宇宙の街・⽇本橋」に、⼦ども達が宇宙の最先端を学べる場「⽇本宇宙少年団(YAC)東京⽇本橋分団」を、正式に設立したと発表した。

YAC東京日本橋分団

同分団は、宇宙⾶⾏⼠の⼭崎直⼦氏がYAC理事⻑に就任後、初めての新規分団で、東京に誕⽣したのは14年ぶり。

同分団は、分団⻑で宇宙キャスターの榎本麗美氏が「東京都心に子供たちが最先端の宇宙に触れられる場所を作りたい」との想いで始動。

共同創設者/アドバイザーには慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授、慶應義塾横浜初等部長、宇宙サービスイノベーションラボ事業協同組合代表理事を務める神武直彦氏が就任。宇宙飛行士講座キッズコース講師にはJAXA社友の柳川孝二氏、YAC理事の上垣内茂樹氏の2人が参画する。

分団員は⼩学3年⽣~中学1年⽣の25人。⽑利衛宇宙⾶⾏⼠が⽇本⼈宇宙⾶⾏⼠としてスペースシャトルで初めて宇宙へ⾶び⽴った⽇から30年という節⽬の年であり宇宙⽉間の9⽉4日に、⼭崎直⼦⽒を迎えて結団式を行った。

⼭崎⽒は、宇宙⾶⾏⼠を⽬指したきっかけや、宇宙に⾏くまでの訓練、そして宇宙に⾏った実際の経験や、現在JAXAの宇宙⾶⾏⼠選抜試験が⾏われていることなどを話し、⼦どもたちは⽬を輝かせて聞き入っていた。

同分団では、宇宙飛行士に必要なことを学び、月に行く宇宙飛行士体験をするワークショップ「宇宙飛行士講座キッズコース レッスン1~月に行く宇宙飛行士をめざそう~」を、10月23日に開催する予定。

関連URL

「YAC東京⽇本橋分団」

そらビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス