1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SCSKほか/JAISTに次世代型メールプラットフォームを提供

2014年3月20日

SCSKほか/JAISTに次世代型メールプラットフォームを提供

SCSKは18日、富士通、富士通北陸システムズと共同で、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)に次世代型メールプラットフォーム「Zimbra Collaboration Server(ジンブラ コラボレーション サーバ)」を提供したと発表した。

「Zimbra Collaboration Server」は、電子メールやアドレス帳、スケジューラー、ドキュメントなどを標準装備するほか、外部アプリケーションなどとWeb上での統合や連携を実現するマッシュアップ機能を備えた、操作性の高いWeb統合コラボレーションスイート。

JAISTは「Zimbra Collaboration Server」を導入し、メールシステムを学内クラウド基盤(IaaS)上に再構築した。

これにより、ハードウェア障害によるメールシステムの停止の可能性を低減させるとともに、クラウド基盤の機能を活用した可用性の向上、バックアップやメンテナンス作業などの保守性の向上、大規模災害時の復旧作業の短縮など実現。

また、学生や教職員が所有するタブレット端末やスマートフォン、フィーチャーフォンなど、さまざまな端末からのアクセスを可能にした。

SCSKは、「Zimbra Collaboration Server」ライセンスの提供、製品保守、構築支援を、富士通は、情報環境全般の提供、構築、保守サポート、富士通北陸システムズは、情報環境全般の設計、構築、保守サポートを担当した。

関連URL

Zimbra Collaboration Server

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録