1. トップ
  2. ツール・教材
  3. セイコータイムシステム/体育館で便利な熱中症を予防するデジタル時計

2014年7月11日

セイコータイムシステム/体育館で便利な熱中症を予防するデジタル時計

セイコータイムシステムは10日、顔マークで熱中症の注意レベルがわかる「熱中症予防表示付デジタル時計(NDC-100W)」を17日から発売すると発表した。

「熱中症予防表示付デジタル時計(NDC-100W)」

屋内での熱中症を予防するため、5段階表示で注意レベルを知らせるデジタル時計。

湿度、放射熱、気温に基づいた指標(WBGT温度)による熱中症の注意レベルを、赤、黄、青の3種類の顔マークの点灯、点滅による5段階で知らせる。

また、温度、湿度、現在時刻もデジタル表示。

遠くからも見やすい大型サイズで視認性に優れた白色LED表示のため、体育館や高齢者施設、工場、学校などでの利用に適しているという。

価格は、9万2500円(税別)。

問い合わせ先

セイコータイムシステム

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • アプリで英検対応 新試験に対応 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録